映画『ソウルメイト』
映画『ソウルメイト』
Soul
Mate

映画『ソウルメイト』

忽然と姿を消したかつての親友、出会い、想い合い、すれ違った16年。〈2人だけの秘密〉が、絶望を希望に変える。
その“秘密”がわたしを強くする
画像
画像
画像
2024.2.23 FRI ROADSHOW
英ビリング

          監督:ミン・ヨングン
          出演:キム・ダミ、チョン・ソニ、ピョン・ウソク
          2023|韓国|124分|ビスタ|5.1ch|原題:소울메이트|英題:SOULMATE|字幕翻訳:本田恵子|配給:クロックワークス|映倫:PG12
          © 2023 CLIMAX STUDIO, INC & STUDIO&NEW. ALL RIGHTS RESERVED.
x
画像

Trailer

画像
画像

Introduction


                  忽然と姿を消したかつての親友
                  出会い、想い合い、すれ違った16年
                  絶望を希望に変えた〈2人だけの秘密〉に心が震える友情物語

第93回アカデミー賞国際長編映画賞にノミネートされた『少年の君』のデレク・ツァンによる単独監督デビュー作『ソウルメイト/七月と安生』。多くの映画好きを魅了した話題作が、韓国・済州島を舞台に新たな傑作として生まれ変わる。

公募展で大賞に選ばれた一作。それは「作者・ハウン」による高校生のミソがモチーフの絵画だ。ミソとハウンは、小学生からの大親友。絵を描くのが好きな2人は、性格も価値観も育ってきた環境も違うが、大切な存在だった。しかし、ジヌとの出会いが2人の運命を大きく変えていく。想い合いながらもすれ違い、疎遠になっていた16年目のある日、ハウンはミソに“ある秘密”を残して忽然と姿を消してしまう。思いもよらない壮絶な半生が紐解かれるとき、涙なしでは観られない“2人だけの秘密”が明らかになる。

主人公・ミソを演じるのは、ドラマ「梨泰院クラス」でヒロインのチョ・イソ役で大ブレイクを果たしたキム・ダミ。表向きは自由奔放で明るく振る舞う一方、複雑な家庭環境で育ち、心の奥底に悲しみを抱える繊細な役を熱演。両親から愛されて何不自由なく育つも、自分の意志では生きることができない親友のハウンには、ドラマ「ボーイフレンド」でパク・ボゴムの親友役を務め注目を集めたチョン・ソニ。Netflixオリジナル映画『20世紀のキミ』の好演が記憶に新しい次世代俳優ピョン・ウソクが、2人の半生に深く関わるジヌを演じる。

色鮮やかでノスタルジックな映像にのせて、絵画から綴られる2人の友情は、予想だにしない結末へとなだれ込む。辛い現実に必死に耐えながら日々を過ごすミソ。そんな彼女の生きる希望となったハウンとの秘密。16年に渡る彼女たちの軌跡は、誰しもの心を揺さぶり、疎遠になった大切な人との思い出をよみがえらせる。

画像

Story

大好きだった親友は、“秘密”を残して姿を消した――

公募展で大賞に選ばれた「作者・ハウン」という記載だけで応募された絵画。そこに描かれていたのは、高校生のミソだ。ギャラリーの担当者から、ハウンとコンタクトを取りたいと連絡を受けたミソだが、ハウンとは幼い頃に遊んだだけの仲だと語る。ハウンのブログにはミソとの深い関係が綴られているにも関わらず…。

ミソとハウンは小学生からの大親友。性格も価値観も育ってきた環境も正反対だが、唯一の共通点は絵を描くのが好きなことだった。ずっと一緒に生きていくと約束する2人だったが、17歳の夏、ハウンに恋人ジヌができたことで少しずつ気持ちがすれ違っていく。そんな中、ミソは済州島を離れてソウルで暮らすことを決意。しかし、ソウルでの暮らしは精神的にも肉体的にも過酷だった。生きていくだけで必死な日々を過ごしていたミソだが、ハウンには絵の勉強をしながら旅をしていると嘘の手紙を送っていた。それから5年が経ち、再会を果たした2人は、釜山旅行に出掛ける。久しぶりに2人で過ごす時間に気持ちが昂るも、価値観の違いによって大喧嘩に。それを機に、疎遠になっていた16年目のある日、ハウンは忽然と姿を消した。2人だけの“秘密”を残して…。

画像

Cast

画像
ミソ

誰よりも自由だが悲しみを内に秘めたミソは、済州島でハウンと出会う。いつも変わらない優しさを見せるハウンを信頼し、お互いの“ソウルメイト”になる。高校卒業を控えたある日、済州島を去る決心をしたミソは、ある誤解を残したままハウンに別れを告げることに。その後、自由気ままに自分の人生を歩むも、厳しい現実と孤独に苛まれていたある時、ハウンに会いに行くことを決意する。

キム・ダミ

1995年4月9日生まれ。2017年に『マリオネット 私が殺された日』で映画デビュー。その翌年、高い競争率のオーディションを見事勝ち抜き、主演の座を射止めた『THE WITCH/魔女』(18)で、殺人兵器へと覚醒する女子高生という難しい役どころを堂々と演じきり、第55回大鐘賞映画祭や第39回青龍映画賞をはじめとした国内外の映画祭で新人賞を席巻、“怪物新人”とも称された。2020年には、話題になったNetflixドラマシリーズ「梨泰院クラス」でIQ162の天才少⼥役を務め、幅広い演技力を披露。第56回百想芸術大賞で、TV部門女性新人演技賞を受賞した。さらに、チェ・ウシクとの共演が話題となったラブロマンス「その年、私たちは」(21)では、主人公の恋人役を演じ、新たな一面を見せた。出世作の続編『THE WITCH/魔女 -増殖-』(22)にも姿を消した魔女として出演した。

主な出演作

映画:『マリオネット 私が殺された日』(17)、『2017同名異人プロジェクト』(17)、『THE WITCH/魔女』(18)、『THE WITCH/魔女 -増殖-』(22)など。

ドラマ:「梨泰院クラス」(20)、「その年、私たちは」(21)など。

画像
ハウン

自由に生きるミソに憧れながらも、ミソにとっては安らぐ存在のハウン。高校生になり、恋人ジヌと3人で仲を深めていたある日、予期せぬ誤解とともにミソと離れることに。済州島を出られないハウンにとって憧れの存在であるミソの面影を追いながら、自分の人生と真正面から向き合うことになる。

チョン・ソニ

1991年3月20日生まれ。大学在学時の2014年に短編映画『写真(原題)』でデビュー。いくつかの作品に出演した後、パク・ボゴムの幼馴染役を演じた「ボーイフレンド」(18)で注目を集める。Netflix映画『チョ・ピロ 怒りの逆襲』(18)以降は、「花様年華 ~君といた季節~」(20)、「あなたの運命を書いています」(21)、「青春ウォルダム~運命を乗り越えて~」(23)といったドラマ作品への出演が続いており、待機作として、日本の漫画「寄生獣」を原作としたNetflixドラマ「寄生獣 -ザ・グレイ-」で主演を務めることも発表されている。

主な出演作

映画:『少女』(17)、『Ghost Walk(英題)』(18)、『チョ・ピロ 怒りの逆襲』(19)など。

ドラマ:「ボーイフレンド」(18)、「花様年華 ~君といた季節〜」(20)、「あなたの運命を書いています」(21)、「青春ウォルダム〜運命を乗り越えて〜」(23)など。

画像
ジヌ

他校とのサークル活動でハウンと出会い、付き合って以来、ミソも含めた3人で仲を深めていく。ミソが突如別れを告げた後、済州島に残されたハウンをそばで見守っていたジヌは、医師の夢を叶えるためにソウルに上京。そこで偶然、ミソと再会する。

ピョン・ウソク

1991年10月31日生まれ。モデルとして活動をスタートし、「ディア・マイ・フレンズ」(16)で俳優デビュー。「コッパダン~恋する仲人~」(19)や「青春の記録」(20)など、数多くのドラマ作品に出演し、順調にキャリアを積む。2021年に出演した「花が咲けば、月を想い」ではKBS演技大賞新人演技賞を受賞。Netflix作品『20世紀のキミ』(22)、「力の強い女 カン・ナムスン」(23)での好演が記憶に新しい。

主な出演作

映画:『20世紀のキミ』(22)など。

ドラマ:「ディア・マイ・フレンズ」(16)、「みんなの恋愛」(17)、「コッパダン~恋する仲人~」(19)、「恋愛ワードを入力してください ~Search WWW~」(19)、「青春の記録」(20)、「花が咲けば、月を想い」(21)、「力の強い女 カン・ナムスン」(23)など。

トップへ