冒頭からほぼずっと、主人公に浴びせられる無意識かつ想像力のない声が続く。共感できることばかりで辛い。 この映画に寄せられる共感の多さは、それだけ想像力のない声を放つ人の多さを物語っている。 あなただ。あなたのことを言っている。 どうかこれまで苦しめられてきた事柄たちが、歩を明日へ進められますように。 つめをぬるひと(爪作家) つめをぬるひと 爪作家 冒頭からほぼずっと、主人公に浴びせられる無意識かつ想像力のない声が続く。共感できることばかりで辛い。 この映画に寄せられる共感の多さは、それだけ想像力のない声を放つ人の多さを物語っている。 あなただ。あなたのことを言っている。 どうかこれまで苦しめられてきた事柄たちが、歩を明日へ進められますように。