「ごめん、愛してる」ソ・ジソブ 「私の頭の中の消しゴム」ソン・イェジン

Be With You ~いま、会いにゆきます

2019年4月5日(金) シネマート新宿ほか全国ロードショー

Comment

この物語の主人公のモデルは作者であるぼく自身です。
そしてヒロインのモデルはぼくの母親と奥さん。
医者から「生めばあなたの命は保証できない」と告げられたのに、
それでも産院を変えてまでして母がぼくをこの世に迎え入れてくれたこと。
様々な不具合を抱えたぼくが、奥さんとの付き合いを諦め離れようとしたのに、
それでも彼女から会いに来てくれたこと。
そのふたつの「決意」がこの物語の核となっています。
おそらく真実ゆえの強さなのでしょう。
韓国版でもこの母性の強さと慈愛をソン・イェジンさんが見事に演じて下さってます。
いまは亡き母に「母さんのことをアジアの大女優さんが演じ下さったんだよ」と
教えてあげたい気がします。

市川拓司(作家)